<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

私の嗜好(その2)

そう。他にも前ページのような飾りがちらほら気づけばあるのだった。
どれもこれも、まあアジアン風なものなのだが。

1つだけイタリア製のものがあった。15年前くらいにどうしてもほしくて買ったこのつぼ。
たしか12000円くらいしたと思う。

d0054498_2311786.jpg


以前トイレに飾ってたら
ピアノに来た子供が『こわーい~』と半べそをかいたので
今やベランダに追いやられた。
なんとも味があってかわいいでしょ?

皆さんひいてないよね...?大丈夫だよね...?

無事リンクも貼ることができ、画像もアップすることができるようになりました~。
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-29 23:06

私の嗜好

このブログは何の計画もなく勢いではじめてしまったので
開設後、タイトルをつけて、ロゴ画像を貼らなければならない事に
『唖然...』としてしまった。
そうだよ~みなさんキャラや趣味嗜好に合ったすてきなイメージで
タイトルやロゴ画像をつけているではないか。
ねこちゃんは私も大好きなんだけどうちにはいないし、
ペットといえば長女が飼育しているミドリガメしかいないし。
どうしよう...と目に止まったのが現ロゴ画の象の木彫りの置物。
これは6年前くらいにバンコクで買ったもの。
たしか1万円以上したと思う。
私はかわいいと思って買ったのだ。

私はファッションもインテリアもそこそこ興味がある。
でもあくまでそこそこなので、私はここにこだわってます。
と、言うほど自慢するものもないのだがふとこの3LDKを見回すと
あーなんとなく私っぽいってこんなかんじ?
と思ってこの象をもってきたのである。
あとタイでかわいいなーと思って買ったのは

d0054498_23155174.jpg


ちょっと画像が大きいですね。

みなさん。ひかないでくださいね。

つづく...。
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-29 22:55

こすずめおどり

昨日は長女の運動会でした。

しかしこの運動会女子だけのせいかいまいち見ごたえがないというか、
6年生ともなると学校行事に身がはいらないというか(ゴメン長女よ)...。

だけどこの全校生徒でおどる『こすずめおどり』(仙台の舞踊?「すずめ踊り」にこの学校
オリジナルの演出を加えたもの)
はいつもいつも見入ってしまう。
今年は約400人全員青のはっぴで赤、黄色、緑の扇子をもち踊る。
教頭先生がたいこをたたきながら「いくぞー」全員「おーっ」
笛も生演奏。ピーヒャラピーヒャラピーヒャラピーヒャラ。
みんな真剣な顔で踊り続ける。

この笛の旋律になぜかいつも陶酔してしまう。
その旋律に潜ってしまいたい気持ちになる。
たぶん街のお祭りとかで聴いてもそういう気持ちにはならないのかも。
強烈な色と子供と笛と太鼓がまじりあってそういう気分になるのかな。

これがもう見れないと思うととっても残念。
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-29 04:02

連弾

アンサンブルって楽しいですよね。

ピアノソロって孤独じゃないですか。
今はそれも楽しいうちだけど、子供のころのピアノがすきでもきらいでもなかった時
でも、発表会で弾く連弾は楽しいものでした。
今普段のレッスンでもちょっと伴奏つけてあげたり、教本にMIDIを伴奏につかうと子供たちは
いきいきとよろこんで弾きます。

で、私も来週のギロコン友人と連弾も弾きます。
連弾の定番ですがブラームスとドヴォルザーク。
今日はその最後の練習してきました。

話はとびますがその友人↑をなにか形容詞にたとえると
『エレガント』
いつもこて巻きパーマとスカートを揺らせています。
いいないいなきれいな巻き髪。
と、憧れながらものぐさな私は髪の毛巻けません。

私はけっこう女度数低いです。
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-27 21:50

願い

わが教室は通ってきてくれてる子のお父様はほぼみなさん転勤族です。
そして我が家も転勤族。

昨日も「実は転勤辞令が出まして...」と1本電話がかかってきた。
うちに来て1年すぎた子です。
はーやっと、ここまで仲良くなって、ここまでレッスンも進んだのに~

今年になって4人目です。お引越し。
そしてまた、あたらしい子が入ってくるので人数的にはかわらないのだけど...
入会の時に保護者の方とお互いそのへんは確認しあうものの
最後のレッスンの時はなんともさみしい~~~

でも。みんな次の地でもピアノを続けたいと言ってくれるので
それを聞くとほっとします。
ピティナの先生紹介のネットページなんかも紹介したり。
そして「教室みつかりました~レッスン通ってます。」と
お母様がメールなぞくれるとなおほっとし、嬉しくなります。

しかし...次の先生には私がどんな風に指導してきたか全部わかっちゃうわけですよね
ドキドキです。

今日木曜日のトップに来る年中さんは公園をはさんだマンションからやってきます。
ドアをあけると「はい!あげる!!」といつも公園で摘んできたお花をさしだしてくれます。
なんともかわいくて。なんともしあわせ。

はーこの子ともいつかは...でもこの子もピアノをずーっと続けてくれたら嬉しいな。
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-27 00:25

夢を見た

キャベツを包丁で割ったら、あずきがいっぱいつまってました。

キモイ。
どなたか夢判断してください...。
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-26 08:08

モーツァルト ロンド イ短調 KV511

実はこの曲半年以上前から弾いてます。
レッスンも3回うけました。
最後にもう1回レッスンうけたかったけど、
東京からいらっしゃる先生なので、もう受けられません。
自分で今まで弾いた曲の中ではかなり追求した曲と思います。
(あくまで私の中のレベルですが...)

ムジカノーヴァ3月号で小倉喜久子さんがこの曲を解説していて、
以下抜粋

~死への甘美な憧れがテーマになっているように感じられます。
この作品の演奏に際しては、精神、感情のバランスをとることが大切です。
心の底からの感動を伴った情熱をもって曲に向き合うのはもちろんですが
どこか冷静で、客観視している部分がないとうまくゆきません。
その両面のバランスが保てた時、喜びの中に悲しみが潜み、
美しさのウラに残酷さが、愉悦の影に退廃が...など
ひとつの言葉では収まりきらない深さや、無限さが
私たちの潜在意識にかたりかけてくるような気がします。~


この曲の事筆譜には他の作品ではみられないモーツァルトの指示が
細かく記載されているそうです。
特別な思い入れがある曲だと感じ取れるそうです。

ピアニストの方も暗譜で弾くのは難しいと言うこの曲。
それを読んだ瞬間暗譜はあきらめました。(←根性ない)
できるだけ正確に、わたしなりの魂をこめて弾きたいと思いマス。
さあ~あと一週間がんばろうっと。               
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-24 13:27

どうする?!

この春、次女が保育園に入園した。

レッスンがあるため次女は0歳から保育園にいっている。
一時預かりというものがあって週3回午後から預けていたのだ。
保育園の存在は本当にありがたかった。
しかも、次女を通わせている保育園は私の大のお気に入りなのだ。
いつも園内は清潔にされていて、安全面もよく考慮されている。
そして先生方がとてもいきいきといつも笑顔だからだ。
もう、3年間送り迎えしているが先生が入れ替わっている様子はない。
きっとここで働きたいと思わせる職場なんだろうと思う。
そんな雰囲気をつくる園長先生のふところの深さがよくわかる。
次女も先生方が大好きで、この保育園が大好きなのだ。

というわけで、家から車で片道15分往復30分かかるけれど
今は月~金まで朝夕送り迎えしている。
朝送ってほっとして(ひとりになれた喜び)
夕迎えにいってほっとする(抱きしめるよろこび)

ところで...私は次女が朝から保育園にいくことになったら
さぞかしピアノが弾けるようになるのでは!と思っていた。
しかし4月は教室の発表会の準備本番などでしょうがなかったとしても
5月も弾く時間は入園前とたいして変わってない。

しかも。来週はギロコン本番。 (先生たちの発表会です。)
なんだか気合がたりないぞ。
どうする?!モーツァルト ロンド イ短調 KV511

つづく...
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-24 01:51

なにが工事中???

先ほどは、工事中とだしておりましたが
なにが工事中???と思った方もいらっしゃることでしょう...

我が家の休日は2人の子供のt珍獣とも奇鳥ともとれるような
騒音がとびかう。
そこに夫の猛獣のような声も入ってくる。
こんな時わたしは、はやく静かな老後を送りたいものだと
しみじみ思うのだった。

そんな中。今日は画像を貼って投稿しようと思ったのに
なぜか参照があかない...。
やっぱりうちのパソどこかおかしいのかと、
猛獣夫にいろいろやらせていたらなんと

このひと勝手に
~粋なおやじの美味い酒とつまみの日記~
とか投稿してるじゃん;;
お願い。今はだれもこないで~
ひゃー削除削除!!
削除するところらしいところもなんかバグってて削除がなぜかできない!!!

これはもう、編集で工事中しかないでしょ。
テレビのしばらくおまちください画面のように
そのまま、我が家の奇鳥をフロに入れて
寝かせてたら私も一緒にzzz...(←いつものパターン)というわけでした。

は~もっと計画的にブログはじめればよかった...
すみません。みなさん。
建築途中の我ブログへようこそ~;;;
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-22 17:47

で、私の事。(ピアノメイン)

昭和42年新潟のちいさな町で生まれ育つ。
5歳から鬼母の監視のもとピアノを続け、音大に進む。
鬼母だったゆえか(←全部鬼母のせいにする)
いまいちクラシックやピアノにのめりこめず
卒業後あっさりその道を捨てる。
そして10年がたち再びピアノの世界に巡り合った。(6年前)
ピアノの先生という仕事に目覚めた私。
なにより子供たちがかわいかった。
でもブランクは容赦しない。
ひとりで勉強するのも限界を感じていたとき
ネットを通じすばらしい出会いを与えられた。
ピアノの先生社交界にもデビューできた。
私の入れる空間はあるのだろうか?とビクビクしていたけれど
みなさん素晴らしく心優しかった。
ひとりで勉強するよりはるかに効率がよい。
いろんな事教えてもらえる。
どんどん勇気も湧いてくる。そしてなにより楽しいのだ。
自分で弾くことも本当に楽しくなった。
もちろん落ち込むこともあるけど、いつも前を向ける。

すごく遠回りをしたけれど、後悔はしてない。
やめていた10年も私にとっは必要なものだったと思う。
私にピアノだけは残してくれた鬼母にも感謝しよう。(←死んでないけど)
これからも前を向いて私らしい教室で進化させていきたいと思う。
自分のため、通ってくれるかわいいこどもたちのために。
[PR]
by yukki2966 | 2005-05-21 23:16