生徒ソロ

↓読むとまるで私のモーツァルト2台の発表会みたいなんだけど(笑)
もちろんメインは生徒のソロ演奏。

私はめちゃくちゃ気合入れてレッスンした。いつもそうです。
あれで?って言わないでね^^

うちの教室と生徒たちの環境は限られている。
賃貸マンション住まいの哀しい現実。
私のピアノは防音たっぷり入れたアップライトだし
生徒は19人中4人だけがアコースティックピアノ
他全員電子ピアノ。
最後のショパンを弾いた6年生も電子ピアノ。
電子ピアノでショパンの勉強。ありえないね^^

けど、できることを考える。
ホールが近くてリハーサル室のグランドを借りられるのもラッキー
リハーサル(簡単な、だけど)も2回くらいして生徒の緊張も高める。

本番で良い演奏をする。
良い演奏の基準は生徒の持っているものを出し切ること。
曲の楽しさを出すこと。
あくまで私から生徒たちひとりひとりを見ての基準だけど
つまらない演奏はしてほしくない。

みんながんばった。
全員とは言えないけどほとんどの子が良い演奏をしたと思う。
特に不器用な子ちゃんたちがめちゃくちゃがんばったのだ。
先生バカだけど「あんたがんばったねーっ」て思う生徒の演奏でじーーんときた。
[PR]
by yukki2966 | 2007-03-12 10:26
<< 舞台裏のベビースター坊や モーツァルト2台本番までの軌跡(笑) >>