モーツァルト2台本番までの軌跡(笑)

今回は最初、生徒だけの演奏で終らせようかと思った。
引越しのことを考えると
肉体的というより、精神的にそこまでできないかな~と。

けど、どうしてもやっぱり弾きたくなった。
そしてkaboさんにお願いした。
いいよって言ってくれた。

わーーいわーーいドレスは何着よう~発想はすぐそこへ、、、(笑

合わせまでの譜読みは楽しかった
初合わせも楽しかった
練習も楽しかった
細かいアーティキュレーションもkaboさんのおかげでつめることができた
レッスンも受けた

が、、本番が近づけば近づくほどドツボにはまるようになってきた。

一番ドツボにはまったのがkaboさん教会コンサート(ごめんね~~~)
その本番前一週間は本当に思うように練習時間がとれなかった。
一番の敗因は本番に向けての準備不足だった。
それに加え電子ピアノがあんなにも弾きにくいと思わなかった。
リハーサルの時泣いていた(まじで)
ともこさんとkaboさんに励まされてさらに泣いた(←アホ)
待っている間に手がどんどん冷たくなっていた。
緊張もした。

ことごとくプリモの目立つところを失敗。えーーん。
例えるならフィギュアスケート選手が最初の回転ジャンプで失敗したら
次々失敗する図ですね。

それでも皆喜んでくれたので救われた。
また次までがんばろう。

しかしこの曲、遊びで気楽に弾くなら簡単。楽しいだけ。
けど本番一発勝負には本当難しいんだね(今さら)…指がまわらなかったらアウトだ。
一日の練習時間も限られてるし
発表会本番まで近づけば近づくほどナイーブになってく。

そして私は本屋で見つけた子供向けの本

齋藤孝 「これでうまくいく魔法の呪文 心・技・体 」 を購入。(笑)

成功するには ポジティブな心 裏付けの技術と練習 体調
これが揃えば怖いものなしって内容なんだけど。
子供に語りかける口調が私にはよかった。はは、、、。
齋藤孝さん大好き。

そして前々日の最後の合わせ練習。
妙~に緊張感漂うふたり(笑)

そして当日リハーサル。
やっぱりフルコンのピアノ弾きやすい~
kaboさんが
「歌っていこう、楽しんで弾こう」
何回も言ってくれた
この一時間練習でかなり落ち着いたような。

けど、その時まだ私はジャンプ回転に失敗していたのだけど、、

リハーサル時間が終って
そこからはまさにジェットコースター。

まずいことに2部のアンサンブルの司会と生徒との連弾をやっているうちに
手が冷え冷えに、、、
私ずっと肩出してるんだもんね。あたりまえだよね。自己管理不足。

生徒だけが弾いている時舞台袖に戻った時
「手冷えてきちゃった、、どーしよー」ってつぶやいたら
kaboさんがカイロを渡してくれてカーディガン着せてくれた。
ほんとわずかな時間だったけど
これで手に血が通ってきた。ううううう。ありがとう。

そして2部のアンサンブルが終り
舞台さんに2台の準備をしてもらっている間kaboさんと気合入れ

私の最後の挨拶の後 
いざ 本番

今までで一番落ちいて集中できた。
ことごとく失敗してたところも「できる!」って思えた。

よかったーよかったーよかったー本当嬉しい♪
わたしたちやったねkaboさん!

本当にありがとう!
あの暗い前前日が笑い話になってよかった(笑)

d0054498_10575084.jpg

                      Fhot by yuri-noki
[PR]
by yukki2966 | 2007-03-12 00:18
<< 生徒ソロ 無事終了~ >>